k31_012

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり IBERIT 50mm F2.4「新シリーズIBERITは堅実描写が魅力」

ハンデビジョンの新シリーズ、イベリットがいよいよ発売になる。イベリットシリーズは、日本国内ではCP+2016ではじめてその姿を現した。24/35/50/75/90ミリといった5つの焦点距離を、すべて開放F2.4で揃えている。ハンデビジョンのファーストプロダクト、イベルックス40ミリF0.85は明る... Read More

fx

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり Distagon T* 18mmF4「超広角はフルサイズで使いたい」 Baveyes C/Y-FX

APS-C機やマイクロフォーサーズ機でオールドレンズを使う場合、どうしても画角面のストレスが募る。焦点距離が1.5~2倍になるため、レンズ本来の画角で撮影できないからだ。望遠寄りのレンズはまだ我慢できるものの、広角レンズが軒並み標準画角になってしまうのは忍びない。今回はKIPON Baveyesシ... Read More

SPEEDMASTER_35_S

焦点工房×中一光学 「SPEEDMASTER 0.95/35mmⅡ」 Part.1

ゴールデンウィークの休みを利用して、FUJIFILM X-T1とSPEEDMASTER 0.95/35mmⅡをお供に旅をしてきました。 まず行ったのは静岡県三島市にある山中城跡。 ここは空掘が障子の格子のようになっている障子掘が残る場所として、お城好きの間では殊更有名な城跡です。 天気がいいと、その... Read More

k29s_01_S

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり Yashikor 5cmF2.8「Lマウントレンズのお作法」 KIPON L/M-S/E

ライカL、もしくはL39と呼ばれるマウントは、39ミリ径のスクリュー式マウントだ。元々はバルナックライカのマウントだが、構造がシンプルなため、世界各国のメーカーがこぞって採用した。こうした非ライカ製のLマウントレンズはノンライツと呼ばれ、日本製のノンライツレンズも数多ある。ここで取り上げたヤシコー... Read More

2

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり EF 17-40mm F4L USM「マイクロフォーサーズ用の最強アダプター」BAVEYES EF-MFT AF 0.7x

ハイスピードAFに対応したEF-MFT AFに、フォーカルレデューサータイプが登場することになった。BAVEYES EF-MFT AF 0.7xは、ドイツIBE/OPTICS社が設計した補正レンズを内蔵する。装着したキヤノンEFレンズの焦点距離は0.7倍になり、マイクロフォーサーズ機では2倍×0.... Read More

k27s_01-300

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり Trioplan 100mmF2.8「中望遠で極限マクロに挑む」KIPON EOS-S/E M

本連載ではKIPON製マクロアダプターを幾度か紹介してきた。今回もそのマクロアダプターは取り上げるのだが、あえてマニアックなセッティング方法を紹介したい。単に寄るだけでなく、できるかぎり接写するためにセッティングテクニックである。   今回はレンズがエキザクタマウントのトリオプラン100... Read More

k26s_01_S

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり EF 24-70mm F2.8L USM「ファームアップで手ブレ補正に対応」KIPON EF-MFT AF

KIPONのAF対応マウントアダプター、EF-MFT AFのファームウェアがバージョン2.6になった。EF-MFT AFはマイクロフォーサーズ機にキヤノンEF/EF-Sマウントレンズを付け、AFならびに絞りコントロールを実現する製品だ。今回のファームウェアアップデートで注目したいのは、オリンパスO... Read More

k25s_01s

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり W.Rokkor-QH 21mmF4「ミラーアップ用レンズの緊張感」KIPON MD-NEX

ミラーレス機はマウントアダプターさえあればどんなレンズでも装着できるが、それでもなお、鬼門と敬遠されがちなレンズがある。それはミラーアップ用レンズだ。後玉が後方に大きく飛び出し、オリジナルの一眼レフボディに付ける際もミラーアップが必須となる。スーパーアンギュロン-R 21ミリF3.4、ニッコール-... Read More

k24s_01

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり Super-EBC Fujinon 45mmF4「FUJIのカメラでオールドフジノン」KIPON XPAN-FX

ライカレンズはM型ライカで、ニッコールはニコンボディで。ピュアブレッドへの憧憬はいつの時代も止まらない。そこで今回は、富士フイルムの現行ボディに、オールドフジノンを合わせてみた。富士フイルムつながりのオールドレンズ撮影である。   富士フイルムはフィルムメーカーとして名を馳せたが、古くか... Read More

k23s_01

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり Color-Skopar 28mmF3.5「ライカLマウントアダプターの勘所」KIPON L39-S/E

  ライカLやM42に代表されるスクリューマウントは、そのシンプルな構造ゆえにユニバーサルマウントとして人気を博した。サードパーティーから様々なレンズが登場した経緯、オールドレンズファンなら周知のことだろう。マウントアダプターにおいても、スクリューマウントのものは作りがシンプルだ。では設... Read More

1 2 3 4

・個人情報について ・サイトポリシー ・推奨環境

Copyright(C) Shoten Kobo Corporation
All Rights Reserved.