澤村徹のカメラガジェット放浪記 第7回「Xユーザーに捧ぐフルドレスアップスタイル」SHOTEN LM-FX M 7artisans 50mm F1.1 cam-in LCP-002103

写真・文=澤村 徹

焦点工房のオリジナルブランドSHOTENから、富士フイルムXマウント用のライカMマクロアダプターが登場する。そこで今回は、このSHOTEN LM-FX Mを付けたX-Pro2で、フルドレスアップに挑んでみた。装着アイテム盛りだくさんのX-Pro2を楽しんでほしい。

 

SHOTENのLM-FX Mはブラックとシルバーの2色展開だ。高品位な塗装がライカ用レンズの佇まいを引き立てる。

まず、SHOTENのLM-FX Mから見ていこう。本製品は富士フイルムXマウント向けのライカMマクロアダプターだ。繰り出し量は6ミリで、既存の製品よりも寄れる設計になっている。カラーはシルバーとブラックの2色展開。ヘリコイドの動きは滑らかで、ローレットの感触も指先にやさしい。高精度な製造に加え、高級感も備えたマクロアダプターだ。最短70センチの50ミリレンズでLM-FX Mをもっとも繰り出したところ、文字通り目と鼻の先まで寄ることができた。繰り出し量6ミリのアドバンテージは伊達ではない。最短撮影距離の長いレンジファインダー用のレンズ、または中望遠レンズで思い切った近接撮影が可能だ。

 

ヘリコイドの繰り出し量は6ミリ。レンズの焦点距離にも寄るが、最短撮影距離の半分程度には寄ることができる。

 

X-Pro2 + 7artisans 50mm F1.1 + SHOTEN LM-FX M 絞り優先AE F1.4 1/60秒 ISO320 AWB RAW レンズの最短撮影距離70センチで撮影。レンジファインダー機用レンズは寄り切れない歯がゆさがある。

 

X-Pro2 + 7artisans 50mm F1.1 + SHOTEN LM-FX M 絞り優先AE F1.4 1/60秒 ISO500 AWB RAW レンズを最短にセットした上で、LM-FX Mのヘリコイドを最大まで繰り出して撮影した。被写体に触れんばかりの距離まで寄れる。

ドレスアップ面はレザーケースに注目してほしい。cam-inのX-Pro2用カメラケースは、イタリアンレザーを用いた本格派だ。カラーは分類上ブラウンとなっているが、ミルクティーのような通好みな中間色を採用している。コバ処理やステッチもていねいで、普及価格帯のレザーケースとしてはかなりクオリティーが良い。また、底面は金属製のプレートになっていて、ケースを外さなくてもダイレクトにバッテリー交換が可能だ。

 

普及価格帯のレザーケースだが、高品位なイタリアンレザーで質感を高めている。ボディへのフィット感も良好だ。

 

底面は金属プレートになっていて、バッテリーにイージーアクセスが可能。付属ネジは三脚穴が空いており、機能性を損なう心配はない。

ストラップはコットン製のワイドタイプを合わせてみた。cam-in CAM8768は太いコットン糸をざっくりと編んでおり、肌への当たりがやさしい。若干伸縮性があり、カメラの重みを軽減してくれる点も好印象だ。コットンベルトの両端はレザーになっており、さりげなく高級感を演出している。

 

コットンとレザーのコンビネーションストラップ。取り付けはナイロンテープで、デジタル一眼レフからミラーレス機まで、ボディを選ばない。

ソフトレリーズボタンはX-Pro2のシャッターボタンまわりのサイズに合わせ、小振りのものを組み合わせた。中心部がくぼんだデザインで指先が定位置に収まりやすい。ここではレンズ鏡胴の色と合わせてシルバーを選んでいるが、これ以外のカラーバリエーションも豊富だ。ちなみに、今回のドレスアップはケース、ストラップ、ソフトレリーズと、すべてcam-inの製品を組み合わせた。3点合わせても1万数千円程度で、そのコストパフォーマンスの高さに驚かされる。安価にドレスアップを楽しみたいなら、cam-inは選択肢のひとつとしておぼえておきたい。

 

cam-inは手頃な価格のソフトレリーズボタンを多数ラインアップしている。ここでは直径の小さいConcave(凹型)タイプを装着してみた。

おおとりは七工匠の7artisans 50mm F1.1だ。距離計連動可能なライカMマウントの大口径標準レンズで、スペックのわりに低価格ということもあり、ライカユーザーの間で話題急騰中のレンズである。今回はSHOTEN LM-FX Mを経由してX-Pro2に付け、ライブビューで撮影した。

 

7artisans 50mm F1.1はシルバーとブラックの2色展開だ。距離計連動可能な大口径レンズとして人気を集めている。

7artisans 50mm F1.1は描写傾向がオールドレンズに似ている。開放では滲みが強く、周辺部は外側に流れるクセがある。そのわりにボケは滑らかで、絞り込むとシャープでハイコントラストな写りだ。絞りで描写変化を楽しめるところにオールドレンズっぽさが見て取れる。また、本レンズは距離計連動のセルフアジャスト機能を搭載し、自分のM型ライカで距離計連動精度を高めることが可能だ。X-Pro2との組み合わせでは無関係だが、M型ライカには恩恵大の機能である。

 

X-Pro2 + 7artisans 50mm F1.1 絞り優先AE F1.1 1/500秒 ISO200 AWB RAW 四隅が外側に流れているのがわかるだろうか。この開放描写が本レンズの特徴だ。

 

X-Pro2 + 7artisans 50mm F1.1 絞り優先AE F2.8 1/1100秒 -0.67EV ISO200 AWB RAW 1~2段絞るとシャープな像を描く。コントラストの付き方も良好だ。

 

X-Pro2 + 7artisans 50mm F1.1 絞り優先AE F2 1/140秒 -0.67EV ISO200 AWB RAW SHOTEN LM-FX Mで被写体をクローズアップする。近接は多少絞った方が描写が落ち着く。

 

X-Pro2 + 7artisans 50mm F1.1 絞り優先AE F1.1 1/420秒 +0.67EV ISO200 AWB RAW 開放の滲みが電球の温かみをうまくあらわしてくれる。クセの強いレンズは描写に見合った被写体探しが楽しい。

 

●PRODUCT LIST
SHOTEN LM-FX M
七工匠 7artisans 50mm F1.1
cam-in Camera Case for X-Pro2 LCP-002103
cam-in Camera Strap CAM8768
cam-in Camera Soft Button CAM9016


・個人情報について ・サイトポリシー ・推奨環境

Copyright(C) Shoten Kobo Corporation
All Rights Reserved.