焦点工房 新世代マウントアダプター専門店

澤村徹のカメラガジェット放浪記 第1回「フェイバリットレンズ総AF化大作戦」TECHART LM-EA7

 

写真・文=澤村 徹

 

最近、カメラ仲間が集まると、あるマウントアダプターがよく話題になる。それはテックアートのLM-EA7だ。「あれっていいの?」「本当にAFでピント合うの!?」と矢継ぎ早に質問が飛び交い、その場に現物を出そうものなら、みんなの手が伸びてタッチ&トライ大会のはじまりだ。LM-EA7はマウント面が前後し、ライカMレンズのAF動作を実現する。これまで様々なマウントアダプターが登場してきたが、これを魔法のマウントアダプターと言わずして、である。

 

LM-EA7はα7II/α7RII用のマウントアダプターで、ライカMレンズをAF動作させる。ただし、ライカMレンズだけというわけではない。ライカMマウントをユニバーサルマウントと見立てれば、別途マウントアダプターを追加することで様々なレンズが装着可能だ。要はマウントアダプターの2段重ねである。オールドレンズファンにはおなじみのテクニックだ。

 

このアダプター2段重ねだが、必ずしもオールドレンズの専売特許ではない。現行MFレンズにも通用する。現行MFレンズはMFゆえに手頃な価格で買えるわけだが、これがAFで使えるなら、レンズのヒエラルキーは崩壊寸前だ。果たしてレンズの下克上は成るか、早速試してみた。

 

LM-EA7にマウントアダプター経由でクリエイター35ミリF2を装着する。これだけの工夫でお気に入りのMFレンズがAFで使えるようになる。

LM-EA7にマウントアダプター経由でクリエイター35ミリF2を装着する。これだけの工夫でお気に入りのMFレンズがAFで使えるようになる。

 

今回用意したのは、中一光学のクリエイター35ミリF2だ。2万円台で買えるフルサイズMFレンズで、開放からシャープで安定感がある。リーズナブルが魅力の中一光学の中でも、特に値頃感のあるレンズだ。ここではニコンFマウントのクリエイター35ミリF2を使い、仲介役のマウントアダプターはK&FコンセプトのKF-NFMを選んだ。テックアートLM-EA7→K&FコンセプトKF-NFM→中一光学クリエイター35ミリF2というコンボだ。

 

クリエイター35ミリF2は開放から描写が安定し、MFレンズビギナーにもお薦めしやすい。LM-EA7とのセットアップは、こうしたレンズがAFで使えることに驚きとよろこびがある。

クリエイター35ミリF2は開放から描写が安定し、MFレンズビギナーにもお薦めしやすい。LM-EA7とのセットアップは、こうしたレンズがAFで使えることに驚きとよろこびがある。

 

これでLM-EA7をドライブさせてみる。LM-EA7のマウント面がキビキビと前後し、程なくEVF上に緑色の合焦サインが現れる。クリエイター35ミリF2はそこそこガタイのあるレンズだが、ノンストレスで気持ちよくAF動作してくれた。K&FコンセプトのマウントアダプターもAF動作中にガタつくことなく、しっかりとレンズを支えている。

 

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F2 1/1600秒 +1.3EV ISO100 AWB RAW 開放で桜の花の小さな集まりにピントを合わせる。迷うことなく合焦し、桜の花をシャープに切り出し、背景を大きくボカしてくれた。

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F2 1/1600秒 +1.3EV ISO100 AWB RAW 開放で桜の花の小さな集まりにピントを合わせる。迷うことなく合焦し、桜の花をシャープに切り出し、背景を大きくボカしてくれた。

 

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F2 1/1250秒 +2EV ISO100 AWB RAW 満開の桜の木に向かって中央一点でピントを合わせる。開放はやわらかいが、さほど滲むことなく堅実な描き方だ。

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F2 1/1250秒 +2EV ISO100 AWB RAW 満開の桜の木に向かって中央一点でピントを合わせる。開放はやわらかいが、さほど滲むことなく堅実な描き方だ。

 

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F2 1/8000秒 ISO100 AWB RAW 湯気越しに櫓にピントを合わせた。AFが悩むかと思いきや、すかさずピントが合い、ピクセル等倍で見てもシャープに撮れていた。

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F2 1/8000秒 ISO100 AWB RAW 湯気越しに櫓にピントを合わせた。AFが悩むかと思いきや、すかさずピントが合い、ピクセル等倍で見てもシャープに撮れていた。

 

無論、百発百中でピントが合うわけではない。これまでLM-EA7では色々なレンズを試してきたが、体感的には打率7割といったところだろうか。スナップ的な撮影なら申し分のない打率と言える。幸いLM-EA7は、カメラ側のAF/MFボタンで瞬時にMFに切り替えられる。AFがモタつくようならすぐさまMFに切り替えれば良い。AFも快適、MFも快適。フェイバリットMFレンズとLM-EA7のセットアップは、まさにレンズの下克上だ。

 

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F2.8 1/2000秒 ISO100 AWB RAW フォーカスエリアを下方に移動し、用水路に架かった板にピントを合わせる。中央一点だけでなく、周辺部のAFも効きが良い。

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F2.8 1/2000秒 ISO100 AWB RAW フォーカスエリアを下方に移動し、用水路に架かった板にピントを合わせる。中央一点だけでなく、周辺部のAFも効きが良い。

 

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F4 1/1000秒 ISO100 AWB RAW 蛇口にピントを合わせ、F4まで絞って撮影した。絞り込む時は、開放でピントを合わせしてから絞るとピント精度を保てる。

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F4 1/1000秒 ISO100 AWB RAW 蛇口にピントを合わせ、F4まで絞って撮影した。絞り込む時は、開放でピントを合わせしてから絞るとピント精度を保てる。

 

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F5.6 1/500秒 +1.3EV ISO100 AWB RAW 桜の花にピントを合わせ、F5.6で撮影した。隅々までシャープに描かれ、自然なコントラストで立体感にも富んでいる。

α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7 絞り優先AE F5.6 1/500秒 +1.3EV ISO100 AWB RAW 桜の花にピントを合わせ、F5.6で撮影した。隅々までシャープに描かれ、自然なコントラストで立体感にも富んでいる。

 

●PRODUCT LIST

TECHART LM-EA7
K&F CONCEPT KF-NFM
ZHONG YI OPTICS CREATOR 35mm F2