焦点工房 新世代マウントアダプター専門店

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり Distagon T* 45mmF2.8「コンタックス645の銘玉が甦る」CONTAX645-EF AF

コンタックス645というカメラをご存知だろうか。1999年に登場したAF中判カメラで、レンズはカールツァイス製がそろっていた。フラッグシップ的なカメラシステムゆえに、当時のレンズを手放さずにいるカメラユーザーも少なくないだろう。そんな人たちに朗報だ。KIPONからコンタックス645用のマウントアダプター、CONTAX645-EF AFが登場した。EOSボディに装着することで、コンタックス645マウントレンズがAFで使えるのだ。

 

電子端子を搭載し、ボディと電子的に情報をやり取りする。コンタックス645用レンズのAF動作が可能だ。

 

EOS 5D Mark IIでCONTAX645-EF AFを試したところ、装着したレンズがAFで動作し、絞りはボディ側でコントロールする仕様だった。レンズ側の絞りリングは効かないので注意しよう。また、マウントアダプター側面のボタンを長押しすると、AF/MFの切り替えが可能だ。MF時はフォーカスエイドが使えるので、手動でも精度の高いピント合わせが可能だ。

CONTAX645-EF AFの側面にボタンがある。EOSボディに付けた状態でこのボタンを長押しすると、AF/MFの切り替えが可能だ。

 

さて、オールドレンズファンはミラーレス機を使っていることが多いはずだ。CONTAX645-EF AFをα7シリーズで使うときは、KIPONのEF-S/E AFを併用する。CONTAX645-EF AFとEF-S/E AFを2段重ねにして装着するわけだ。この組み合わせだとAFが効かないのだが、自動絞りのMFでコンタックス645レンズが使える。絞りコントロールはボディのダイヤルで行う。絞り値がEXIFに反映されるので、画像管理という観点からもこのセットアップはおすすめだ。

CONTAX65-EF AFとEF-S/E AFの2段重ねでα7IIに装着した。AFは使えないが、絞りはボディ側でコントロール可能。EXIFに絞り値も記録される。

 

今回はα7IIにディスタゴンT* 45ミリF2.8を付けて撮影した。オリジナルボディのコンタックス645に装着した場合は、35ミリ判換算28ミリ相当の広角レンズだ。35ミリ判フルサイズ機のα7IIだと35ミリ判換算45ミリ相当となる。中判レンズを35ミリ判フルサイズ機で使うと、レンズのイメージサークルの中心部のみを使って撮影することになる。ツァイスレンズの中心部だけを使うため、隅々までシャープな仕上がりだ。また、階調がリッチで立体感に富んだ絵作りも良い。コンタックス645のレンズは別格だと改めて実感する。銘玉の復活は、オールドレンズファンにとって何よりもうれしい話だ。

α7II + Distagon T* 45mmF2.8 絞り優先AE F2.8 1/500秒 -2.0EV ISO100 AWB RAW  開放で左上のバラにピントを合わせる。開放からシャープで、コントラストも強い。

 

α7II + Distagon T* 45mmF2.8 絞り優先AE F8 1/60秒 ISO200 AWB RAW 地面を覆う落ち葉を俯瞰で撮影した。隅々まで解像するさまに中判レンズならではの余力を感じる。

 

α7II + Distagon T* 45mmF2.8 絞り優先AE F2.8 1/320秒 +0.7EV ISO100 AWB RAW 曇天下でもこれだけコントラストの強い絵が撮れる。良いレンズを使っているという満足感がこみ上げてくる。

 

α7II + Distagon T* 45mmF2.8 絞り優先AE F5.6 1/1000秒 ISO100 AWB RAW 壁面に電線の影が落ちる。微妙な濃淡を描き分け、階調の良さが伝わってくる。

 

α7II + Distagon T* 45mmF2.8 絞り優先AE F2.8 1/400秒 -1.3EV ISO100 AWB RAW 開放近接でバラにピントを合わせた。フレームのどこにピントを配置しても確実に結像してくれる。

 

 

製品紹介


KIPON CONTAX645-EF AF
コンタックス645用レンズをEOSボディで使用するためのマウントアダプターだ。AFで撮影でき、絞りコントロールもボディ側で行える。EF-S/E AFを介してα7シリーズでの使用もおすすめだ。