焦点工房 新世代マウントアダプター専門店

澤村徹×KIPON 古典鏡玉ものがたり EF 24mm F1.4L「OM-Dに対応した全部載せアダプター」 Baveyes EF-MFT AF x0.7 for OM-D

オリンパスOM-Dシリーズのユーザーに朗報だ。Baveyes EF-MFT AF x0.7にOM-D対応版が登場した。Baveyes EF-MFT AF x0.7は、ハイスピードAFに対応したEF-MFT AFにフォーカルレデューサーを搭載した製品だ。キヤノンEFレンズをマイクロフォーサーズ機でAF動作させることができ、なおかつフォーカルレデューサーによって0.7倍での撮影が可能だ。マイクロフォーサーズ機はレンズの焦点距離が2倍になるため、0.7倍×2倍で焦点距離1.4倍で撮影できる。いわば全部載せの多機能マウントアダプターというわけだ。

 

さて、Baveyes EF-MFT AF x0.7は高機能な製品だが、ひとつだけ弱点があった。それはオリンパスOM-Dシリーズに装着できない点である。従来品は直径が大きかったため、OM-Dシリーズのペンタ部と干渉してしまった。OM-Dシリーズはプロおよびハイアマチュアを対象としたカメラだけに、高機能なBaveyes EF-MFT AF x0.7を使いたいというリクエストが多かった。そこで新バージョンのEF-MFT AF x0.7 for OM-Dは外周に段差を設け、OM-Dシリーズでの干渉を解消している。キヤノン機とオリンパスOM-Dでレンズ共用したい人にとって、EF-MFT AF x0.7 for OM-Dは待望の製品と言えるだろう。

 

鏡胴の設計を見直し、OM-Dシリーズに干渉せずに装着できるようになった。側面に「for OM-D」の文字が見て取れる。

 

 


電子接点を搭載し、EFレンズのAFと絞り制御が可能だ。絞り値はボディ側でコントロールできる。

 

今回はOM-D EM-5 IIにEF 24mm F1.4Lを付けてみた。フォーカルレデューサーを経由するため、レンズの焦点距離は24ミリ×0.7倍×2倍で35ミリ判換算33.6ミリ相当となる。焦点距離2倍のマイクロフォーサーズ機で広角の画角を保っているのが利点だ。AF動作はこの手の製品としてはきわめてスピーディーだ。メーカーがハイスピードAFとわざわざ謳うだけのことはある。無論、純正レンズのAFと同列に比べることはできないが、実用レベル以上のポテンシャルは感じてもらえるだろう。

 

 


E-M5II + EF 24mm F1.4L + EF-MFT AF x0.7 for OM-D 絞り優先AE F8 1/500秒 -0.7EV ISO200 AWB JPEG
あおり気味の構図で広角らしさを楽しむ。F8まで絞り込むと、すみずみまでシャープな描写だ。

 

E-M5II + EF 24mm F1.4L + EF-MFT AF x0.7 for OM-D 絞り優先AE F1.4 1/1000秒 ISO200 AWB JPEG
開放から布のテクチャーを緻密に描く。画質重視のフォーカルレデューサーが功を奏する。

 

E-M5II + EF 24mm F1.4L + EF-MFT AF x0.7 for OM-D 絞り優先AE F1.4 1/500秒 ISO200 AWB JPEG
手前のイチョウにピントを合わせる。風でかすかに揺れていたが、的確に被写体を捉え、ジャストでピントが合っている。

 

E-M5II + EF 24mm F1.4L + EF-MFT AF x0.7 for OM-D 絞り優先AE F5.6 1/1000秒 -0.7EV ISO200 AWB JPEG
中心部は無論、周辺部もレンガをていねいに描いている。歪曲も感じられず、マスターレンズ本来の画質の良さが伝わってくる。

 

製品紹介

KIPON Baveyes
EF-MFT AF x0.7 for OM-D
ハイスピードAFを誇るEF-MFT AFに、0.7倍のフォーカルレデューサーを搭載する。マイクロフォーサーズ機で焦点距離1.4倍の撮影が可能だ。鏡胴デザインを見直し、OM-Dに干渉せずに装着できる。