澤村徹のカメラガジェット放浪記 第16回「開放から切れ味のいい大口径35ミリレンズ」
銘鏡光学 TTArtisan M35mm f/1.4・ASPH

写真・文=澤村 徹

 

銘鏡光学から大口径タイプのTTArtisan M35mm f/1.4・ASPHが登場した。TTArtisanは2019年6月に誕生した新しいレンズブランドで、高性能なライカMマウントレンズに特化している。ハイエンドモデルとしてどのような性能を秘めているのか。また、ライカ用レンズだけに造形やデザインも気になる。TTArtisan M35mm f/1.4・ASPHの実写レポートをお届けしよう。

 

本レンズはブラックとシルバーの2色をラインアップ。ライカリスペクトを思わせる硬派な鏡胴デザインだ。

 

本レンズは非球面レンズを含む7群8枚の大口径タイプの35ミリレンズだ。ライカMマウントを採用し、距離計連動に対応する。距離計連動調整機能を搭載し、手持ちのM型ライカに合わせて距離計連動精度を調整できる。今回、未調整のままライカM10で使ってみたが、近接開放はいくぶんシビアなものの、通常撮影はレンジファインダーで快適に撮影できた。ピントリングと絞りリングにそれぞれレバーを装備し、球面ズミルックス(初期型のSummilux-M 35mmF1.4)へのリスペクトが感じられる。絞りリングは半段刻みで、ピントリングは適度な重みがあった。MFレンズとしてていねいな造形と言えるだろう。なお、本レンズはブラックとシルバーの2色展開だ。所有するM型ライカに合わせて鏡胴カラーを選択しよう。

 

ピントリングにどこか懐かしいフォーカシングレバーを装備。絞りリングにもレバーを備えている。

 

側面にオレンジで「35」と刻印されている。最短撮影距離は0.7メートルだ。

 

距離計連動調整機能は、マウント内側のリングのネジを緩めて調整する。ミニドライバーが付属する。

 

デザイン面で特徴的なのがレンズフードだ。本レンズはスクリュー式の金属製角型フードが付属する。向かって右上にスリットがあり、レンジファインダーでの使用に最適化されたフードだ。スクリュー式を採用しているため、鏡胴と一体感がある。また、金属製のフロントキャップが付属し、フードの上からかぶせることが可能だ。ライカ用レンズということもあり、ディテールに様々なこだわりが感じられる。

 

スクリュー式のフードだが、正位置でピタリと止る。フードの上からフィルター装着が可能だ。

 

フードの上から装着可能なカブセ式キャップが付属する。金属製のしっかりした作りのキャップだ。

 

描写については、まず開放の切れ味の良さを評価したい。開放から滲むことなく、被写体のアウトラインを鋭利に切り出す。コントラストの付き方も良好で、開放を積極的に使っていけるレンズだ。周辺光量落ちは1段絞ると解消する。歪曲もさほど気にならない。反面、ネガティブな部分を挙げると、色収差が多少残る。また、逆光時にフレアやゴーストが気になる場面があった。ただ、このあたりはオールドレンズ好きだとご褒美みたいなものなので、使い手の好み次第だろう。

 

Leica M10 + TTArtisan M35mm f/1.4・ASPH 絞り優先AE F1.4 1/4000秒 ISO200 AWB RAW ドアの取っ手に開放でピントを合わせる。滲みなくシャープな描き方だ。シャドウの締まりもいい。

 

Leica M10 + TTArtisan M35mm f/1.4・ASPH 絞り優先AE F1.4 1/180秒 ISO200 AWB RAW 提灯にピントを合わせ、背景を大きくボカす。クセが少なくなだらかなボケだ。

 

Leica M10 + TTArtisan M35mm f/1.4・ASPH 絞り優先AE F1.4 1/4000秒 ISO200 AWB RAW 逆光では条件によってうっすらとフレアが射す。オールドレンズ好きの琴線に触れそうな描写だ。

 

35mm F1.4で開放が使える。これはスナップで大きなボケが楽しめることを意味する。表現の幅が広がり、このレンズを選ぶ大きな動機付けになるだろう。反面、開放は周辺部の描写がいくぶん甘い。それを踏まえた上でのフレーミングが、このレンズを我がものにするコツといったところだろうか。

 

Leica M10 + TTArtisan M35mm f/1.4・ASPH 絞り優先AE F1.4 1/350秒 ISO200 AWB RAW 開放近接でも実にシャープだ。広角35ミリでこうしてボケを楽しめるのがこのレンズの強みである。

 

Leica M10 + TTArtisan M35mm f/1.4・ASPH 絞り優先AE F1.4 1/1500秒 -0.67EV ISO200 AWB RAW ほぼ最短で開放撮影した。開放F1.4のボケの大きさを改めて実感する。

 

Leica M10 + TTArtisan M35mm f/1.4・ASPH 絞り優先AE F2 1/1000秒 -0.67EV ISO200 AWB RAW 磨りガラスへの写り込みが美しい。コントラストで押し切るのではなく、ていねいな階調が感じられる。

 

Leica M10 + TTArtisan M35mm f/1.4・ASPH 絞り優先AE F2.8 1/4000秒 ISO200 AWB RAW 歪曲はほぼ気にならない。F2.8まで絞ると周辺光量落ちも解消し、隅々までクリアに写る。

 


掲載された商品の詳細はこちら


・個人情報について ・サイトポリシー ・推奨環境

Copyright(C) Shoten Kobo Corporation
All Rights Reserved.