ml02_01-160

澤村徹 × KIPON 「プロムービー機器のニューフェイス」 EOS-m43 E + STEF-UA

昨今、ムービー分野ではキヤノンEFレンズを使った撮影が定着化しつつある。マイクロフォーサーズやBlackmagicなど、動画撮影可能なボディにキヤノンEFレンズを付け、安価なシステムでプロムービーを制作するのがトレンドだ。その際にポイントとなるのが、使い勝手の良いマウントアダプターである。  周知... Read More

ml03_01-160

澤村徹 × KIPON 「新型シフトアダプターに中判レンズ用が登場」 Shift HB-EOS

KIPONは付加機能付きのマウントアダプターが得意だ。シフトおよびティルト機能を組み込んだマウントアダプターは、中でも人気の高い製品である。さて、そのシフトアダプターに中判レンズ用が多数登場した。早速その使用感をレポートしよう。  今回テストしたのは、EOSボディにハッセルブラッド用レンズを付ける... Read More

ml01_06-160

澤村徹 × HandeVision 「未体験の視覚を生み出すF0.85」 IBELUX 40mm F0.85

背景を大きくボカした写真は、誰の目にも迫力をもって映る。ベテランであろうとビギナーであろうと、写真を撮る以上、人の視覚を超えたボケという描写に憧れるものだ。大きなボケを我が物にしたいのであれば、大口径レンズが最短ルートと言えるだろう。  ここで取り上げるHandeVisionのIBELUX 40m... Read More

tt06s_012

澤村徹 × KIPON 古典鏡玉ものがたり Ultron 50mm F1.8「ボケに酔うなら凹みウルトロン」 M42-NEX(S/E) Macro

ボケのきれいなオールドレンズと言えば、アルパのマクロスイター50ミリF1.8が有名だ。では、ボケの大きなレンズと問われたら、あなたは何を思い浮かべるだろう。おそらく大口径レンズをいくつかリストアップしたにちがいない。ところが、大口径タイプでなくてもボケ量を稼げるレンズがある。それがカールツァイスの... Read More

kol05s_012

澤村徹 × KIPON 古典鏡玉ものがたり 「KIPON初のAF対応マウントアダプター」 EF-S/E AF

KIPONのマウントアダプターは、付加機能を搭載した製品が多数ラインアップされている。ティルト・シフト、ヘリコイド、絞り制御用の電子端子など、こうした付加機能はKIPONが得意とするところだ。このカテゴリーに新たな製品が加わる。同社初のAF対応マウントアダプターである。 EF-S/E AFは、キヤ... Read More

kpn08s_012

澤村徹 × KIPON 古典鏡玉ものがたり 「作性重視の新型ヘリコイドアダプター」 L/M-S/E Macro

ライカMレンズのベストボディはM型ライカだ。しかし、機能性を考慮すると、必ずしもそうとは言い切れない。フルサイズミラーレス機α7シリーズの登場により、距離計非連動でもライカMレンズを使えるようになった。さらにヘリコイドアダプターを組み合わせれば、ライカMレンズで接写も可能となる。利便性に長けたボデ... Read More

1 2 3 4

・個人情報について ・サイトポリシー ・推奨環境

Copyright(C) Shoten Kobo Corporation
All Rights Reserved.