焦点工房 新世代マウントアダプター専門店

カメラ撮影に関する基本的なテクニック

これからカメラ撮影を趣味にしようとしている方へ向けて、こちらではカメラ撮影に関する基本的なテクニックをご紹介したいと思います。カメラ撮影は非常に奥深いものです。その魅力を少しでも知っていただければ幸いです。

□ 露出補正

写真の明暗を調整する機能のことをいいます。この露出補正をマイナスに設定すると暗い写真に仕上がります。逆にプラスに設定すると明るい写真が出来上がります。

この機能を背景の明るさや逆光、撮影する場所やシーンに応じて調整していくことで、思い通りの明るさでの撮影が可能となります。調整の方法としては、一つの被写体を一枚一枚撮影しながら徐々にプラス・マイナスと調整していくことがポイントとなります。

□ ホワイトバランス

露出補正と同様、基本機能として万能な役割を果たすのがホワイトバランスです。撮影する被写体の色味を、実際に見ている色に近づけるために使用します。通常のオートホワイトバランス機能でも十分ではありますが、被写体によっては色に偏りがあったり、色が正確に撮れなかったりする場合があるため、その際はホワイトバランスを調整して撮影する必要があります。

メーカーによって表示の仕方は異なりますが、基本的には「太陽光モード」、「くもりモード」、「蛍光灯モード」などのシーン別でホワイトバランスを調整することが出来る機能が搭載されています。被写体を撮影する際のシーンに合わせて調整することで、美しい色合いの映像を残すことが可能です。

□ ISO感度

手ブレ防止・暗い場所での撮影などで役立つカメラ機能です。ISO感度はカメラの感度を調整する機能のことで、シャッタースピードの変化や光の量を上手く調節する役割があります。ただし、感度を上げすぎてしまうと画像が荒くなるので注意が必要です。

これらの他にも撮影する上でのテクニックは様々ですが、この3つの機能を覚えておくだけで、カメラ撮影にも大きな違いが出てきます。
これからカメラ撮影を楽しむという方は、是非参考にしてみて下さい。

カメラに関する商品の購入をご検討中の方は、マウントアダプター・ミラーレスカメラレンズ・レデューサーなどを扱う焦点工房をご利用下さい。日本正規代理店として自信を持って、マウントアダプター・ミラーレスカメラレンズ・レデューサーなどの商品を販売いたします。