焦点工房 新世代マウントアダプター専門店

カメラレンズの基礎知識

初めてのレンズ選びは専門的な言葉や数値が並んでいて迷ってしまいがちです。こちらでは、レンズを購入する前に知っていると役立つ専門用語などの基礎知識をご紹介させていただきます。

□ パースペクティブ(遠近感)

パースペクティブによって、被写体と背景の遠近感を変化させることが出来ます。広角レンズを使用すると手前にある被写体は大きく写り、遠くにある被写体は小さく写ります。しかし望遠レンズを使用すると、被写体と背景の遠近感は圧縮されます。

□ 画角

被写体を写せる範囲を分かりやすく角度で表したものです。画角は焦点距離によって異なります。レンズから入った光を電気信号に変換するイメージセンサーから焦点距離が長くなると望遠レンズと呼ばれます。望遠レンズは画角が狭いレンズです。一方イメージセンサーから焦点距離が短くなると広角レンズと呼ばれます。広角レンズは画角が広いレンズです。

□ F値

焦点距離をレンズの有効口径で割った値でレンズの明るさを表す値です。値が小さいと明るくなり、大きいと暗くなります。F値は、手ブレ防止やぼかしなどに関係してくるため、撮影したい状況に合わせて選びましょう。

□ 被写界深度

ピントが合っている範囲のことで、範囲が狭いと被写界深度が浅い、逆に範囲が広いと被写界深度が深いと言われます。

カメラレンズを選ぶには、様々な基礎知識が必要になってきます。ぜひこの機会に覚えていただければと思います。

マウントアダプターなどを専門として扱う焦点工房では、電子マウントアダプターやマウント変換アダプターの他にもミラーレスカメラ用レンズなど、おすすめ商品を多数ご用意しております。様々なブランドの正規代理店となりますので、ぜひ通販よりお買い求めください。