焦点工房 新世代マウントアダプター専門店

ミラーレス一眼カメラと一眼レフカメラの違い

一眼レフカメラに興味はあるけれど、どのようなカメラを選べばいいのかわからない、とお考えの方もいらっしゃると思います。一口に一眼といっても、最近ではミラーレス一眼カメラも登場しています。
一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラ、この2つはどう違うのでしょうか。

□ ミラーがあるかどうか

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの大きな違いは、ミラーの有無です。通常一眼レフカメラにはミラーがあり、レンズから取り入れた光を光学ファインダーに写し出しています。ミラーによって反射した光は、上方にあるファインダースクリーンに当たりファインダー接眼窓へ進み、撮影者はレンズを通して画像を見ることが出来るのです。

一方、ミラーレス一眼カメラにはミラーがありません。そのまま液晶画面に撮影イメージが表示される仕組みとなっています。ちなみに、一眼レフの「レフ」という言葉は、鏡の反射という意味があるので、「ミラーレス一眼レフカメラ」「ミラーレス一眼レフカメラレンズ」と呼ばず、「ミラーレス一眼カメラ」「ミラーレス一眼カメラレンズ」となります。

□ カメラボディの大きさ

カメラの内部にミラーがないということで、ミラーレス一眼カメラは、一眼レフカメラと比べてもコンパクトでとても軽量です。また、ミラーレス一眼カメラには、レンズから入ってきた光を光学ファインダーまで導くペンタプリズムという部品もありませんので、一眼レフカメラでは不可能だったカメラボディの小型化が実現出来たのです。ちょっとした散歩や旅行などでカメラを持ち歩く場合、大きい一眼レフカメラよりもコンパクトなミラーレス一眼カメラの方が軽くて魅力的でしょう。

□ 交換レンズの種類

そしてもう一つ大きな違いがあるのは交換レンズです。一眼レフカメラには高品質なレンズが豊富にありますが、ミラーレスカメラレンズは種類があまりありません。ミラーレスカメラレンズも一眼レフカメラレンズも、メーカーや機種によってレンズが異なるので、購入する際は必ず互換性を確認しなければなりません。

焦点工房では、海外から輸入したミラーレスカメラ用レンズや一眼レフカメラレンズを販売しています。高品質のカメラレンズをお求めやすい価格で販売していますので、ミラーレスカメラレンズや一眼レフカメラレンズをお探しの方は、是非この機会にご利用下さい。