焦点工房 新世代マウントアダプター専門店

一眼レフカメラのお手入れ方法

様々なブームの中で最近話題となっているのがカメラです。以前は男性を中心に人気のあったカメラも、「カメラ女子」と呼ばれる女性たちの登場からも分かるように、男女問わず楽しまれるようになりました。カメラにも様々な種類がありますが、中でも一眼レフカメラは幅広い世代で人気を集めています。
こちらでは一眼レフカメラのお手入れ方法についてご紹介します。

□ お手入れ道具

ブロアー・クリーニングクロス・ブラシは、最低限用意しておきたい道具です。特にブロアーはカメラボディやレンズ、手の届かない部分などのお手入れに必要不可欠です。クリーニングクロスはデリケートなレンズ・液晶画面を拭くため、必ず専用のクリーニングクロスを用意することが大切です。ブラシは毛先が柔らかいタイプを用意しましょう。

□ 大きめのホコリ・ゴミを払い落とす

カメラボディやレンズには大きめのホコリ・ゴミが付着していることがあります。そのため、まずはブラシでカメラ全体のホコリ・ゴミを払い落とします。フラッシュ部分やバッテリーなどの挿入口、ファインダーカバーの裏などはホコリが溜まりやすいので、念入りに払い落とすことがポイントです。
ただし、レンズ・液晶画面は傷つくおそれがあるため、ブラシの使用は避けましょう。

□ デリケートな部分はブロアーで

ある程度ホコリ・ゴミを払い落としたら、ブロアーで小さなホコリや、レンズ・液晶画面・カメラ内部などのデリケートな部分のゴミを吹き飛ばします。レンズや内部にブロアーを吹きかける際は、なるべく下向きで作業するとホコリが下に落ちやすくなります。

□ レンズはクリーニングクロスで優しく拭く

レンズは専用のクリーニングクロスを使い、優しく拭いていきます。なかなか汚れが落ちない場合は、同じく専用のクリーナー液を少量染み込ませ拭き取っていきます。拭き残しがないよう、きちんと拭き取ることが重要です。最後はカメラ全体をクリーニングクロスで拭き、お手入れは終了となります。
日頃からお手入れを行い、大切な一眼レフカメラを長持ちさせましょう。

焦点工房はマウントアダプターの専門店です。富士フィルムXマウントアダプター、ソニーEマウントアダプター、ライカMマウントアダプター、キヤノンEOSマウントアダプター、ペンタックスKマウントアダプターなど、様々なブランドの商品をご用意しております。お気軽に通販をご利用下さい。